国宝松本城 桜並木光の回廊

春の松本は、残雪に輝く北アルプスの山並みを背景に、日本最古の五重六階の天守からなる国宝松本城シルエットが映ります。松本城の外堀には北上してきた桜前線が、光り輝く春の到来を信州に告げます。春の陽光が北アルプスの峰に隠れるころ、松本城の外堀の桜並木がライトアップされ、美しい光の回廊が漆黒の松本城を包みます。
また、光に照らされた桜の一枝一枝がお堀の水面に映り、幽玄な光の世界が広がり、その光は女鳥羽川(めとばがわ)の桜並木へと続きます。

「国宝松本城 夜桜会」「国宝松本城 桜並木光の回廊」開催に合わせ、浅間温泉より無料の夜桜見物バスが運行されます(宿泊利用のお客様に限ります)
是非、春の浅間温泉にお泊まりいただき、幽玄な光の世界をお楽しみ下さい。

▼桜ライトアップ
松本城外堀の桜並木(約600m)と女鳥羽川の桜並木(約400m)のライトアップで、市民や観光客の皆様に松本城の夜桜を鑑賞いただきながら、松本から春の希望の灯を全国に届けたいと願っています。
【時期】松本城管理事務所の開花宣言より2日後から10日間
【時間】18:30~21:00(金曜・土曜日は、22時まで)
【見頃】4月上旬~中旬

※開始日については、下記にお問い合わせ下さい。
▼国宝松本城 夜桜会(併催イベント)
【時期】松本城管理事務所の開花宣言より3日後から8日間
【時間】17:30~22:00(松本城の本丸庭園は夜間無料開放)

(写真は過去に撮影されたものです)

松本城 光の回廊