秋の美ヶ原高原

10月になりました。このところ最低気温が10℃を下回る日が多くなりました。季節が例年より半月進んでいるようです。温泉に浸かると気持ちよくてずっと入っていたいと思うようになりました。来週の三連休初日の10日土曜日には「松明祭」が開催されます。10月31日と11月1日には「第11回浅間温泉新そば祭り」が開催されます。いよいよ本格的な秋の行楽シーズンを迎えます。
毎年この時期、標高1,000mの美鈴湖から美ヶ原高原までの2,000m付近に植樹した桜と紅葉を観察に行きます。自分で植えた樹には水を与え成長を確かめます。植樹して約10年これから長い冬この辺りは雪に閉ざされるのですが厳しい高原の気候の中で幹の太さがが500mlのペットボトルくらいに成長し丈も3mを越していて感激しました。台上付近の道路をキツネの親子が歩いておりまたまた感激しました。キノコを探しに来た方、栗を拾いに来た方など平日でしたが山はたいへんにぎやかでした。高原はススキが秋の風情をかもし出していましたがこれから季節は一気に紅葉へそして長い冬に向かうのでしょう。連休はきっと素敵な紅葉が観られることと思います。ぜひお出かけください。
※写真は美鈴湖周辺です。