焼岳について

観光客・登山者の皆様へ 情報提供

焼岳は活火山です。
噴火警戒レベルは1で、活火山であることに留意(特に登山者)という状況は継続中でございます。
浅間温泉には特に被害もございません。浅間温泉から焼岳までの直線距離はおよそ40㎞です。

気象庁地震火山部 火山監視・警報センターからの情報は下記のとおりです。

昨日(9日)23 時 50 分頃から本日(10 日)2時頃にかけて空振を伴う地震が発生し、山頂西側400 メートル付近の山腹で白色の噴気を確認しました。
今後の火山活動の推移に注意してください。
噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)の予報事項に変更はありません。

○ 活動概況
昨日(9日)23 時 50 分頃から本日(10 日)2時頃にかけて、空振を伴う地震を6回(速報値)観測しました。
北陸地方整備局が設置している焼岳北監視カメラでは、この時間帯に、普段では噴気がみられない、山頂西側 400 メートル付近の山腹において白色の噴気を観測しました。
10 日 00 時 48 分に確認した噴気は 100 メートル程度まで上がり東に流れていました。

その後、地震は発生しておらず、噴気も次第に弱まり3時以降は観測していません。
再び噴気が発生する可能性があります。また、火山ガスが噴出している可能性がありますので注意が必要です。
今後の火山活動の推移に注意してください。
気象庁では、本日火山機動観測班を現地に派遣し調査を行う予定です。

(レベル1の活火山一例)
草津白根山、新燃岳、阿蘇山、日光白根山、蔵王山、箱根山、三宅島 等